• Aya Sato

【まちゼミ】昔ピアノで弾いたあの曲、もう1度弾いてみませんか?

更新日:2021年9月22日

◆音楽って楽しいな!!(らいおん音楽教室・河尻 枝華美さん)




鍵盤を触らなくなってもう何年も経つけどあの時に弾いていた曲をもう1度弾いてみたい、もう1度ピアノを楽しみたい、という方におすすめしたいのが、らいおん音楽教室の河尻 枝華美さんのまちゼミ講座です。このまちゼミでは、なんと無料でマンツーマンで1時間のピアノレッスンを受けることができます。

教えてくれるのは河尻 枝華美さん。飛騨金山に嫁いで来る前はヤマハで音楽講師をされていました。結婚を機に飛騨金山に来てから、ご自身でピアノとエレクトーンを教える音楽教室を開業し、今では保育園の子どもから80歳を超える方まで、幅広い生徒さんに音楽の楽しさを教えています。



小さい頃からピアノを習っていたという枝華美さん。中学では一旦ピアノを辞めてしまったそうですが、高校のお友達が弾いてくれたエレクトーンがきっかけで再び鍵盤楽器の楽しさに出会ったといいます。



その頃、70年代後半〜80年代は、シンセサイザーの商品化や普及が進んで音楽制作にも多用されるようになった時代。多くのアーティストもこうした新しいツールを使って音楽を作っていきました。ロックでもポップでもデジタル楽器や多重録音などの新しい技術を実験的に使った音楽が次々に登場した時代。その中で1959年にヤマハが販売を開始した上下2層の鍵盤と足で踏む鍵盤を持つ電子ピアノがエレクトーン。エレクトーンは70年代にはこうした音楽の流行とともに一般家庭にも浸透していきました。



枝華美さんは、クイーンやアバ、スティービー・ワンダー、そしてジャズなど、それまで習っていたピアノ音楽とは一線を画す音楽に夢中になって、エレクトーンで再び鍵盤楽器を弾くように。ボタンで音色が変わったり、足で弾く鍵盤でベース音が入ったり、リズムにのって弾くことがとにかく楽しかったそうです。



ピアノ教室は子供を通わせるものというイメージが強いかもしれませんが、本来音楽は音を楽しむもの。いくつになったって「弾いてみたい」その気持ちが音楽に触れる出発点なのかもしれません。「これを弾いてみたかった」を叶えたり、音楽を通じて新しい仲間に出会える。そういう場所としてピアノ教室との出会いを楽しんで欲しい。ぜひ、この機会にあなたもらいおん音楽教室のレッスンに参加してみてはいかがでしょうか?






枝華美さんは音楽教室で教える傍ら、健康食品と婦人服を扱うブティックも開いています。

元々は枝華美さんのお姑さんが、食の安全や健康に強い関心を持ち勉強して始めたお店。

「毎日口にするものだから、より体にいいものを」という思いから、今でも体にいい食品の取扱を続けています。






その後、お店はブティックを併設したお店として拡張。らいおんさんの洋服といえば、旅行などお出かけの時にきるような、日本ブランドを中心に作りのいい服を扱うお店。質のいい服でおしゃれをしたいお母さんたちに向けた商品を取り扱っています。服も食品も「いいもの」にこだわったらいおんさんのお店。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

まちゼミ開催概要


◆音楽って楽しいな!!

開催日:10月7日(木)15:00~16:00

    10月20日(水)14:00~15:00

会場:らいおん音楽教室(岐阜県下呂市金山町金山2072 )

対象:どなたでも

持ち物:楽譜(ピアノ曲)があればお持ちください

材料・教材費:無料

定員:1講座あたり1名

講師:河尻 枝華美

予約:9月18日からお電話にてお申し込みください

 090-1280-5553(河尻 枝華美)


 

HEARTY GIFTらいおん

住所:岐阜県下呂市金山町金山2072

営業時間:8:30~17:00

定休日:火

らいおん音楽教室

住所:岐阜県下呂市金山町金山2072

開講時間:16:00~17:30(月・水・木・金・土)、午前中(土)

問い合わせ:090-1280-5553

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示