• Aya Sato

【まちゼミ】卓球上達のコツ教えます!

上達のコツを学ぶ卓球教室。初心者大歓迎!(矢島電気・矢嶋 聡さん)






まちゼミで卓球を教えてくれるのは、矢島電気の矢嶋聡さん。金山リバーサイドスポーツセンターを拠点に活動する金山町卓球クラブで7年ほど前から卓球を続けています。



元々、小学生の時に地元のスポーツ少年団で卓球に出会った聡さん。小学生の時にはなんと、県で3位になったほどの腕前です。



卓球の魅力は「体力や運動神経がある人が必ずしも上手いわけじゃないところ」と聡さんはいいます。「球を小さい卓球台に入るように打ち返すには、力じゃなく考える力やセンスが必要」卓球はラケットで球を打つだけというイメージがあるかもしれませんが、実は手だけじゃなく体全体を使って打つもの。ちょっとしたコツを習得するだけで、みるみる上達するそうです。



「相手よりも1本でもミスを少なく、1本でも多く相手陣地にボールを返せば勝てます」と聡さん。



聡さんが小学生の時に所属していたのスポーツ少年団で長年指導をしていたのが、飛騨金山の和菓子屋さん餅倖のご主人大岡さん。この大岡さん、地元では有名な指導者で当時このスポーツ少年団は県内でも屈指の強豪チームでした。



金山町卓球クラブは、今では社会人になったスポーツ少年団のOBを中心に作られたそうです。聡さんは中学で卓球部がなくて卓球を辞めてしまったものの、Uターンで金山に戻ってから友人に誘われてもう一度卓球をするように。



金山町卓球クラブは、月・水・金の週3日夜7:30〜9:30に金山リバーサイドスポーツセンターで練習を行っています。お試しで参加もできますので、まちゼミの日程はちょっと都合がつかないな、という方もぜひ気軽に立ち寄ってみてください!





矢島電気は、建物の中の電気配線の工事や家電の販売を行っています。昭和30年代、おじいさんの代に創業してから電気工事一筋。聡さんは、12年前に勤めていた会社を辞めて金山に帰ってきて間もなく、もともと後を継ぐ予定だった従兄弟が急逝し、急遽全くの未経験から後を継ぐことに。1、2年で猛勉強の末に必要な資格をとってこの道に入りました。



電気は私たちの生活に欠かせないもの。停電になるとたちまち生活が成り立たなくなってしまいます。電気がつかなくなったり、電気ボイラーが動かなくてお湯が出なくなったり、そんな急な「困った」が起こる電気のトラブル。そんな時にやっぱり頼りになるのは迅速に対応してくれる、地元の電気屋さんですよね。「電気のトラブルがあったら、私は酒も飲まないので、夜でもすぐに駆けつけます」と話してくれた聡さん。アフターサービスも任せて安心の地域の電気屋さんに相談してみではいかがでしょうか?





◆上達のコツを学ぶ卓球教室。初心者大歓迎!

開催日  10月10日(日)10:00〜12:00

会場 金山リバーサイドスポーツセンター卓球場/下呂市金山町金山911-1

対象: どなたでも

持ち物: シューズ・ラケット・タオル

材料・教材費: 無料

定員: 1講座あたり5名

講師: 矢嶋 聡

予約: 9月18日(土)からお電話にてご予約ください

   090−3258−2127(矢嶋 聡)


 

矢島電気

住所:岐阜県下呂市金山町金山2482-3

営業時間:8:30〜17:00

定休日:不定休

お問い合わせ:0576-32-3230

閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示